ChatGPT 学習データ いつ 2021年まで:なぜ制約があるのか?

AI(人工知能)の世界は日々進化し、私たちの生活にさまざまな便益をもたらしています。その中でも、ChatGPTのような自然言語処理AIは、私たちとのコミュニケーションを通じて情報提供や質問応答の手助けをしてくれます。しかし、ChatGPTには2021年までの情報しか持っていないという制約があります。では、なぜChatGPTにはこのような制約があるのか、その理由を探ってみましょう。

ChatGPTの制約

ChatGPTが制約を持つ理由はいくつかあります。

学習データのカットオフ

ChatGPTの制約

 

ChatGPTは、2021年までの情報しか持っていないというのは、その学習データに起因しています。AIモデルは訓練時に使用されるデータに基づいて知識を獲得します。ChatGPTの学習データは、2021年9月までのテキスト情報で構築されました。したがって、この時点以降の出来事や情報は持っていません。

リアルタイム情報の取得が難しい

ChatGPTはインターネットを介してリアルタイムの情報を取得する機能を持っていません。そのため、最新のニュースや出来事については知識を持っていないのです。AIがリアルタイムの情報を提供するには、そのための仕組みやデータへのアクセスが必要ですが、ChatGPTにはそれがありません。

プライバシーとセキュリティ

ChatGPTはユーザーのプライバシーを保護するために設計されています。リアルタイムの情報を取得する際、個人情報や機密情報にアクセスするリスクがあるため、AIモデルには制約が設けられています。これは、セキュリティとプライバシーの観点から重要です。

ChatGPTを使う上での制約

ChatGPTには制約があることを理解した上で、どのような質問やタスクに活用できるか考えてみましょう。

一般的な知識の質問

ChatGPTは2021年9月までの一般的な知識に関する質問には答えることができます。例えば、歴史的な出来事や基本的な科学的事実について尋ねることができます。

アイデアの共有と説明

ChatGPTはアイデアの共有や説明に役立ちます。特定のトピックに関する詳細な説明や解釈を求めることができます。

ランダムな質問と雑談

ChatGPTはランダムな質問や雑談にも対応できます。日常会話や興味深い話題についても話しかけてみましょう。

ChatGPTには向かない質問の例

ChatGPTは非常に優れた自然言語処理AIですが、特定のタイプの質問に対しては向いていないこともあります。以下は、ChatGPTに質問するのに向いていない事例です。

  1. 最新のニュースや出来事に関する質問: ChatGPTは2021年9月までの情報しか持っていないため、最新のニュースや出来事については提供できません。
  2. 新しい技術や製品に関する質問: ChatGPTは2021年9月以降にリリースされた新しい技術や製品についての情報を持っていません。例えば、最新のスマートフォンやAI技術に関する質問は難しいです。
  3. 最近の政策変更や法律の更新に関する質問: ChatGPTは2021年9月以降の法律や政策の変更についての情報を持っていません。たとえば、新しい環境法や税制改正についての質問は難しいです。
  4. 2021年9月以降の特定の人々の活動についての質問: ChatGPTは特定の人物の最新の活動についての情報を持っていません。著名人やビジネスリーダーの最新の動向については答えられません。
  5. 最新の科学的発見や医学的進歩についての質問: ChatGPTは2021年9月以降の科学的な発見や医学的な進歩についての情報を持っていません。新たな研究成果や治療法についての質問は難しいです。

これらの事例では、ChatGPTの制約や情報のカットオフが影響しており、最新情報や専門的なトピックに関する質問には限定的です。質問の際には、ChatGPTの能力と制約を考慮して、適切な質問を行うことが大切です。

ChatGPTの制約を克服する方法

2021年9月以降の情報をChatGPTで利用したい場合、以下の方法を試してみることができます。

ChatGPT 拡張機能を使用する

最新情報にアクセスするためのChatGPT拡張機能は以下の通りです:

  1. WebChatGPT:インターネット上の最新情報をChatGPTの回答に組み込む拡張機能で、脚注や参考文献のURLも提供します。
  2. ChatGPT for Google:Google検索と統合し、ChatGPTの回答を表示、コピー、共有できる拡張機能です。
  3. ChatGPT Writer:特定の文章を生成するためのツールで、サンプル文章を作成し、コピーして利用できます。
  4. Superpower for ChatGPT:ChatGPTのプロンプトを整理し、一括保存や検索が可能な拡張機能です。
  5. Merlin Chat GPT:Webブラウジング中にChatGPTに質問できる便利な拡張機能で、プロンプトを追加して素早く質問できます。
  6. YouTube & Article Summary powered by ChatGPT:YouTubeのビデオや記事の要約をChatGPTによって生成する拡張機能です。ビデオや記事の内容を簡潔にまとめて提供します。
  7. ChatGPT Prompt Genius:質問やプロンプトを効果的に生成するための拡張機能で、ChatGPTによる回答を最適化する手助けをします。
  8. ChatGPT Glarity:Webページを閲覧しながらChatGPTに質問するための便利な拡張機能で、選択したテキストをプロンプトとして使い、迅速な回答を得ることができます。

ChatGPTプラグインを使用する

SEO.app:

SEO.appは、ウェブサイトのSEO(Search Engine Optimization)分析を行うプラグインです。ユーザーが指定したウェブサイトのURLを入力することで、そのウェブサイトのSEOスコアを評価し、SEOの改善点を提案します。特にSEO初心者にとっては有用なツールとなります。アカウントにサインインしないと使用できない点に注意が必要です。

BizToc:

BizTocは、ビジネスニュースを提供するプラグインです。世界中のビジネス関連のニュースをリアルタイムで取得し、ユーザーに提供します。ユーザーが「日本の最新AIニュースについて教えて」と質問すると、関連するニュースを要約して提供します。ただし、情報のソース元のURLは提供されません。

WebPilot:

WebPilotは、指定したURLのウェブページを訪問し、その内容を取得するプラグインです。ウェブページの検索や要約、翻訳なども可能です。さらに、Webサイトだけでなく、PDFファイル、テキストファイル、XMLファイルなど、さまざまな形式の情報を読み取ることができます。

ChatWithPDF:

ChatWithPDFは、PDFファイルをアップロードすることで、そのPDFファイルの内容を要約したり、ファイルデータに関する質問に回答するプラグインです。ユーザーはプラグインをオンにして「PDFをアップロード」と入力し、PDFファイルをアップロードします。その後、PDFファイルの内容に関する質問をChatGPTに送ることができます。難しいテーマのPDFファイルでも要約や解説が可能です。

その他のプラグイン:

その他にもさまざまなプラグインが存在し、リアルタイム情報の取得、知識ベース情報の取得、アクションの実行など、多彩な機能を提供しています。ユーザーのニーズに合わせて選択できます。

GPT-4が2023年4月までの情報にアップデート

GPT-4は、以前のバージョンであるGPT-3.5から進化した自然言語処理モデルで、テキストを理解し、生成する能力を持っています。このモデルは学習段階で大量のテキストデータを使用し、そのデータに基づいて言語理解を行います。

しかし、テキストデータは日々変化し、新しい情報が常に生成されています。それゆえ、GPT-4を最新かつ信頼性のある情報を提供できるように保つために、定期的なアップデートが必要です。この記事で言及されているように、GPT-4は2022年1月までのデータで初めてリリースされましたが、2023年4月までの最新情報に基づいてアップデートされました。

つまり、GPT-4の知識は2023年4月までの情報を含むように拡張され、その結果、ユーザーに対して最新の出来事や情報に関する質問に対してより正確な回答が提供できるようになりました。このアップデートにより、GPT-4の性能が向上し、ユーザーにより価値ある情報を提供できるようになったと言えます。

まとめ

ChatGPTは便利なAIモデルですが、2021年9月までの情報に制約があります。この制約は、学習データやプライバシーの保護に関する重要な要因です。しかし、拡張機能やプラグインを利用することで、最新情報にも対応できるようになります。ChatGPTを使う際には、その制約を理解し、適切に活用することが大切です。AI技術の進化に伴い、将来的にはより多くの情報にアクセスできるかもしれません。AIの未来に期待しましょう。

こちらも参照  ChatGPTプラグインの廃止決定が遂に発表される