ChatGPTプラグインの廃止決定が遂に発表される

OpenAIは、最新の決定により、ChatGPTプラグインの廃止を発表しました。この決定は、GPTの進化と市場の変化を反映したものであり、ユーザーに新たな選択肢と機能を提供することを目的としています。

廃止の発表

ChatGPTプラグインの廃止については、OpenAIの公式サイトおよび関連文書で公表されました。これにより、ChatGPTプラグインの利用は一定の期間内で停止されることが決定されました。

決定の理由

ChatGPT Plugins - Roe Digital

この決定は、GPTの採用状況とユーザーフィードバックに基づいて行われました。プラグインの提供は、技術の進化と市場の変化に対応するために見直されました。

プラグインの停止期間と既存会話の取り扱い

新しいプラグインを使用した会話の作成は特定の期間内で停止されますが、既存の会話は一定の期間継続されます。これにより、ユーザーは十分な時間を与えられ、移行の準備を行うことができます。

GPTストアへの移行

プラグインの廃止に伴い、ユーザーはGPTストアへの移行を迫られます。GPTストアでは、数十万ものGPTが提供されており、より多様な機能を提供します。また、ユーザーは自身のツールを作成し、第三者に提供することも可能です。

GPTの進化と将来展望

GPT技術は今後さらに進化し、ユーザー体験の向上に重点が置かれるでしょう。その結果、GPTの使用法や展開方法についてのさらなる研究や開発が期待されます。

プラグイン ストアにアクセスできなくなるのはいつですか?

2024 年 3 月 19 日以降、新しいプラグインをインストールしたり、既存のプラグインを使用して新しい会話を作成したりすることはできなくなります。

使用していたプラグインに GPT があるかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

GPT ストアには、使用したプラグインの名前やその他の詳細を検索できる検索機能があります。

まとめ

ChatGPTプラグインの廃止は、GPT技術の進化と市場の変化を反映した重要な決定です。ユーザーは新たな選択肢に目を向け、GPTストアへの移行を検討することが求められます。これからの展望としては、GPT技術のさらなる発展とその応用範囲の拡大が期待されます。

詳細はこちら

こちらも参照  ChatGPTの発狂から迅速な修正へ